トップ / 結婚について覚えよう

結婚について覚えよう

結婚の役立つ学び

仏前挙式スタイルの結婚式とは

結婚式といっても様々な挙式のスタイルがあります。そこで、昔から日本で行われている仏前挙式の特徴をお教えします。仏前挙式とは、如来やご先祖に愛を誓う儀式です。二人を出会わせてくれた先祖に感謝し、仏前に来世まで連れそう事を誓います。香をたき、杯を交わして数珠の交換を行います。キリスト教式や神式の結婚式違い、仏教や家族が主体なのでその宗教の寺院で行います。最近では、自宅の仏間にお坊さんを行う方法が一般的になっています。あまり多数派の方法ではないので、ホテルや式場では、混雑するシーズンは難しい場合があるので気をつけて下さい。そして、キリスト教式に比べ費用も安く収まる所も特徴です。

仏前挙式という結婚式のスタイル

お仏様の前で結婚することを誓う仏前挙式は、日本で古くから行われているスタイルで、馴染みのある寺院やお寺や自宅の仏前などで行います。仏教には宗派がありますので、両家で宗派が違っていたり、同じ宗派のお寺でないと式を挙げられないなどの特徴があります。このため条件が揃わないと仏前挙式を挙げるのが難しいことや、親族のみの参加が基本ですから、式に出席したことのある人は少ないかも知れません。しかし最近では柔軟な対応をし、両家で歩み寄ったり、宗派は関係なく結婚式ができるお寺も増えてきました。雅楽の鳴り響く厳粛な雰囲気の中で、先祖への報告や数珠の授与や誓杯などが執り行われます。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚に関して考えましょう. All rights reserved.