トップ

結婚に関して考えましょう

結婚のマイナー常識

結婚式のスタイルとは

ウェディングドレスを着て、ヴァージンロードを歩いて、ライスシャワーを浴びる結婚式に憧れる人は多いと思いますし、結婚式をイメージする時に、そんな想像を浮かべる人も多いと思います。でも、これはキリスト教挙式の特徴的なセレモニーであって、日本人の多くが信仰する宗教のスタイルとは違います。なので、ウェディングドレスを着て、教会的な式場で、神父風な衣装を着た人の前で誓いをたてて、それで2人が満足していれば誰も口出しする必要は無いですね。宗教に拘って満足できな挙式をするのなら、その先の生活が思いやられますからね。

キリスト教挙式のスタイルとは

結婚式のスタイルには、キリスト教挙式があります。この挙式の特徴は、カトリック形式とプロテスタント形式によって違いがあることです。例えば、カトリックの場合は神父と呼ばれる司式者が、プロテスタントの場合は牧師と呼ばれます。また、キリスト教式の結婚式は、プロテスタントの場合は宗派に関係なく行なうことが出来ますが、カトリックの場合はどちらかがカトリックか両名ともカトリックでなければ執り行うことが出来ないとされています。信者ではないカップルがキリスト教挙式を行なう際には、式場やホテルのチャペルで行ない、教会で行なうのは信者であることが必要とされている、などといった場合もあるので注意しましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚に関して考えましょう. All rights reserved.